コスタリカ・イレアナ農園レッドハニー500g [1127]

コスタリカ・イレアナ農園レッドハニー500g [1127]

販売価格: 2,760円(税込)

在庫あり
挽き具合:
数量:
質感が高くレッドハニーらしくストーンフルーツのような甘みを感じるコーヒーです。



農園主:フェリペ・ロドリゲス

エリア:ウェストバレー

プロセス:レッドハニー

品 種:カトゥーラ

標 高:1,730m



商品詳細

焙煎度合い 中煎り

他の写真

  •  リカルド・ペレス氏、マルビン・ロドリゲス氏、フェリペ・ロドリゲス氏の3人のコーヒー生産者は≪エルサル・サルセロ グループ≫を組織し、ウェストバレー地区でも最も標高が高い、サルセロの町にマイクロ・ウエットミルを共同で運営しています。
    (ドニャ・イレアナ農園のフェリペ氏は写真右の黄色のシャツの方)
  • 3人が有機栽培に出会ったのは、今からおよそ20年前。

    ササキショウゴ氏という日本人から有機栽培(ボカシ肥料、EM菌)を習った彼らは、その後コーヒー栽培の魅力に取り付かれ、10年前にコーヒー農園を始めました。

    コーヒーチェリーの残渣から作った堆肥、山の微生物、EM菌、ぼかし肥料など様々な有機肥料を使っており、その量は毎年一本のコーヒーの木に対して4〜5キロにもなります。

    もちろん化学農薬は使用しません。
  •  完熟した赤いコーヒーの実を摘み取ったあとは、最新の精選機械を使い水洗処理。

    乾燥時の雨や露による品質劣化を防ぐために、天日乾燥用ビニールハウスも以前から導入。

    2009年からは、ドライミル(脱殻設備)も備え、栽培から水洗処理、袋詰め、輸出まで一貫した生産が行われております。

    ウェストバレーでも最も高い位置にあるこの土地の厳しい気候により硬く引き締まったコーヒーが生み出され、COEなどの品評会等でも毎年高く評価されるコーヒー豆が生産されております。